専業主婦が出会い系にハマってしまう理由

出会い系サイトに登録している男女には、既婚者がなんと80%を占めているというデータが出ているそうです。

いかに夫婦生活に不満を持っているかが浮き彫りになっていますね。特に専業主婦の欲求不満は、今まさに爆発する勢いです。子育てやその他のストレスにより、気持ちは常に沸騰気味。そこへ来て、夫が体にすら触れてこようとしないセックスレスという仕打ちに直面しているケースも多いでしょう。

体は女盛りを迎えているのに、セックスをしなければそれを発散する機会を失います。専業主婦の性欲は、もう抑えられないところにまで達しているのです。それでも手に入れた家庭を壊したくないと思う主婦は多いですから、せめてセックスだけは存分に得たいと願うのでしょう。そういう理由で、彼女たちは出会い系サイトにハマってしまうのです。

0727_22

とにかく性欲に対して積極的ですから、主婦はなんとかしてセフレを探そうと、その方法を吟味します。
周囲にバレるわけにはいきませんから、秘密にしながらセフレを探せる方法として、出会い系サイトにたどり着きます。

 
出会い系サイトなら、セフレ探しの異性がたくさん登録されているので、割り切った関係を望む人と直接出会うことが可能です。自宅に居ながらにして、スマホで検索するだけでセフレ探しができるというのも、家事に忙しい主婦にとっては、大きなメリットですね。

夫婦生活がうまくいっていないケースは、各家庭で起こりうることでしょう。
平凡な繰り返しばかりの日常に飽きてしまっている主婦もいるかもしれません。そういう不満の捌け口を求めて、出会い系サイトを利用してしまうことは、絶対にあり得ることなのです。

 
満たされない気持ちが強い性欲に結びつくというより、どちらも同時発生したときにこそ、抑えられない衝動に駆られるのでしょう。家庭の外に男性を求めて、その人とセックスをすることで、味わってきた孤独感・疎外感を解消したいのかもしれませんね。

1010_1

夫婦に子供が生まれると、女性の意識は子供中心に変わっていきます。
それ自体は仕方のないことでしょう。でも、その意識が常に変わらないとなると、子供に妻を取られた感覚に男性はなってしまいます。母性本能だから我慢して!とは、女性も言いがたいでしょう。

 
放っておかれた男性は寂しさを感じ、女性にかまってもらいたくなり、妻以外の女性に興味がいくようになります。これが男性サイドの不倫の理由で、こうしてセフレを求めるようになってしまうのです。

こうした男女の気持ちの変化によって、不倫は起こります。
それを防ぎたければ、お互いの気持ちを配慮することしかないでしょう。ちょっとした心の隙間が大きくなって、出会い系サイトにハマってしまう現状を見ても、なかなか抑えることは難しいといえるのではないでしょうか。